• 本

事例から考える就労支援の基礎 生活保護行政とケースワーク

公扶研ブックレット No.4

出版社名 萌文社
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-89491-317-2
4-89491-317-8
税込価格 864円
頁数・縦 79P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 生活保護行政における就労支援とは(保護要件としての能力活用と就労支援
保護要件としての就労 ほか)
第2章 「働くこと」を支援するために大切なケースワーカーの視点(はじめに
事例から学ぶ生活保護制度利用者に対する就労支援 ほか)
第3章 就労支援で学んだケースワーカーとして大切なこと(はじめに
指導型の就労支援を行っていた頃 ほか)
第4章 就労支援システムの構築と自立概念の具体化(就労支援(体制)の見直しのきっかけ
就労支援システムの構築 ほか)

著者紹介

池谷 秀登 (イケタニ ヒデト)  
帝京平成大学現代ライフ学部教授。生活保護ケースワーカー、査察指導員を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)