• 本

〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則

出版社名 NHK出版
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-14-081704-9
4-14-081704-6
税込価格 2,160円
頁数・縦 401,13P 20cm

未来は“今”創り出す!

  • サイエンス
  •  ノンフィクション

1980年代にインターネットに目をつけた人たちがいたから、現在インターネットは生活の一部として欠かせないものとなりました。30年前になかったものが今や当たり前のものになっているのです。計算能力のあるコンピュータ(マシン)が電話回線と繋がったことでコミュニケーションツールとなり、開花し発展しました。そして近年インターネットを活用した仮想現実(VR)や拡張現実(AR)、人工知能(AI)が広がりつつあります。可能性を秘めた技術やコンテンツがこれから成長していく過程を、この本では12の法則に沿って未来を読み解いていきます。30年後の未来は何が当たり前となっているでしょう。考えただけでワクワクしてきませんか?

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人工知能、仮想現実、拡張現実、ロボット、ブロックチェーン、IoT、シンギュラリティ―これから30年の間に私たちの生活に破壊的変化をもたらすテクノロジーはすべて、12の不可避な潮流から読み解ける。前作『テクニウム』でテクノロジー進化の原理を鮮やかに描き出した著者の待望の最新刊。ニューヨークタイムズ・ベストセラー。

目次

BECOMING ビカミング
COGNIFYING コグニファイング
FLOWING フローイング
SCREENING スクリーニング
ACCESSING アクセシング
SHARING シェアリング
FILTERING フィルタリング
REMIXING リミクシング
INTERACTING インタラクティング
TRACKING トラッキング
QUESTIONING クエスチョニング
BEGINNING ビギニング

おすすめコメント

ベストセラー『テクニウム』でテクノロジー進化の普遍的原理を鮮やかに描き出した著者が、今後30年の間にわれわれの未来が不可避的に向かう先を、12のキーワードから読み解く待望の書!

著者紹介

ケリー,ケヴィン (ケリー,ケヴィン)   Kelly,Kevin
1952年生まれ。著述家、編集者。1984〜90年までスチュアート・ブラントと共に伝説の雑誌ホール・アース・カタログやホール・アース・レビューの発行編集を行い、93年には雑誌WIREDを創刊。99年まで編集長を務めるなど、サイバーカルチャーの論客として活躍してきた。現在はニューヨーク・タイムズ、エコノミスト、サイエンス、タイム、WSJなどで執筆するほか、WIRED誌の“Senior Maverick”も務める
服部 桂 (ハットリ カツラ)  
1951年生まれ。1978年、朝日新聞社入社。1987〜89年までMITメディアラボ客員研究員。科学部記者や雑誌編集者を経て、現在はジャーナリスト学校シニア研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)