• 本

戦略を形にする思考術 レゴシリアスプレイで組織はよみがえる

出版社名 徳間書店
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-19-864169-6
4-19-864169-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 203P 19cm

商品内容

要旨

組織が抱えた課題がみるみる見えてくる!「レゴブロック」で鍛えるチーム力と解決力。NASA、マイクロソフト、グーグル、Yahoo!も取り入れた、最新最強ビジネス・メソッド!!

目次

第1章 「本当の思い」に近づく技術(無意識下の答えにたどり着く
レゴシリアスプレイとは? ほか)
第2章 レゴブロックで組織を高める(レゴシリアスプレイは環境が大切
心を整えるウォームアップ ほか)
第3章 レゴシリアスプレイの開発ストーリー(教育者としてのキャリアをスタート
本格的な研究のはじまり ほか)
第4章 世界で広がるレゴシリアスプレイの可能性(「LEGO」世界で最も価値あるブランド
レゴシリアスプレイの現状 ほか)
第5章 レゴシリアスプレイの実例ストーリー(博報堂(広告会社)
JTB(旅行代理店) ほか)

おすすめコメント

2014年には売上約5000億円を達成した世界の玩具トップメーカー。子どもたちを夢中にするレゴが、実はビジネスシーンで活躍中だ。レゴを使って抽象的な思考を可視化し、スムーズな会議とソリューション能力を鍛えるプログラム「レゴ(R)シリアスプレイ(R)」が、企業や教育機関のワークショップで活用されている。レゴ社の教育事業部門にいた著者はいかにしてプログラムを完成させたのか、数々の事例とともに語る、教育プログラム入門の書。

著者紹介

ラスムセン,ロバート (ラスムセン,ロバート)   Rasmussen,Robert
1946年、デンマーク生まれ。学校教員、校長を経てレゴ社教育部門に入社。研究開発部門の統括責任者として数多くの優れた教材製品を世に送り出した。代表的なプロジェクトにMITメディアラボとの共同開発による「レゴマインドストーム」がある。MIT発の教育理論「コンストラクショニズム」、IMD発の戦略理論「シリアスプレイ」とレゴブロックを融合させた社会人向けのメソドロジー「レゴシリアスプレイ」の開発者。現在はレゴ社が世界で唯一公認するコミュニティモデル事業としてレゴシリアスプレイを世界中に広げるためにレゴシリアスプレイマスタートレーナー協会を設立、共同代表を務めている
蓮沼 孝 (ハスヌマ タカシ)  
1952年、東京都生まれ。早稲田大学卒業後、三菱商事に入社。化学品の輸出入、ニューヨーク勤務を経て、ペンシルバニア大学(Wharton大学院)に留学。外資系のヘッドハンター、グロービス経営大学院の法人営業とカリキュラム開発に従事後、マレーシアの企業へ転職(Texchemグループ・プラスチック事業部門の経営者)。帰国後、九州・アジア経営塾のプログラム運営に関わり、レゴシリアスプレイに出会う。現在、株式会社ロバート・ラスムセン・アンド・アソシエイツ代表取締役
石原 正雄 (イシハラ マサオ)  
1960年、愛知県生まれ。ラスムセン・アカデミー校長。大学卒業後、株式会社CSK入社、AIビジネス企画開発、金融ディーリングシステムのマーケティングなどに従事。CSK在籍中にボストン大学経営大学院企業情報システム専攻留学。構造的文書技術のリーダーInterleafでマーケティング、日本法人代表を務めた後、ものづくりを通して幼児から社会人までの教育をするための教材やメソッドの開発に傾注。レゴシリアスプレイファシリテーター指導資格を持つアジアで唯一の指導者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)