• 本

「百学連環」を読む

出版社名 三省堂
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-385-36522-0
4-385-36522-9
税込価格 3,456円
頁数・縦 526P 21cm

商品内容

要旨

西周の「百学連環」は当時の西欧諸学を相互の連関のなかで見渡そうとする試みであった。150年前の講義録を現代の言葉に置き換え精読することで、文化の大転換期に学術全体をどう見ていたかに迫る。

目次

どんな文書か
「百学連環」とはなにか
「学」とはなにか
「術」とはなにか
学と術
観察と実践
知行
学術
文学
学術の道具と手法
論理と真理
真理を知る道
知をめぐる罠
体系と方法
学術の分類と連環

著者紹介

山本 貴光 (ヤマモト タカミツ)  
文筆家・ゲーム作家。1971年生まれ。コーエーにてゲーム制作(企画/プログラム)に従事の後、2004年からフリーランス。「哲学の劇場」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)