• 本

ヘリオガバルス あるいは戴冠せるアナーキスト

河出文庫 ア5−2

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-309-46431-2
4-309-46431-9
税込価格 880円
頁数・縦 235P 15cm

商品内容

要旨

未来を震撼させる巨星アルトーのテクスト群に「比類なき仕方で君臨する」(ドゥルーズ)名著『ヘリオガバルス』を第一人者が新訳。十四歳で即位して十八歳で惨殺されたローマ少年皇帝の運命に究極のアナーキーを見出し、血塗られた歴史の深部に非有機的生命=「器官なき身体」の輝きを開示する稀代の奇書にして傑作が新たな訳文によってよみがえる。

目次

第1章 精液の揺り籠
第2章 諸原理の戦争
第3章 アナーキー
補遺

おすすめコメント

狂気のかぎりを尽くしてローマ少年皇帝の生を描きながら「歴史」の秘めた力としてのアナーキーを現出させる恐るべき名作を新訳。

著者紹介

アルトー,アントナン (アルトー,アントナン)   Artaud,Antonin
1896‐1948。「思考の不可能性」を思考するフランスの詩人。「残酷劇」を提唱する演劇人。西洋からの脱却を試みて、後年、精神病院に監禁される。激烈な生涯と『演劇とその分身』、『ヘリオガバルス』等の著書によって巨大な影響を与え続けている
鈴木 創士 (スズキ ソウシ)  
1954年生まれ。『アルトー後期集成』(全3巻)を宇野邦一とともに監修(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)