• 本

演歌の明治ン大正テキヤ フレーズ名人・添田唖蝉坊作品と社会

出版社名 社会評論社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-7845-1917-0
4-7845-1917-3
税込価格 1,944円
頁数・縦 236P 16cm

商品内容

要旨

自由民権運動に起きた「演歌」が縁日の風景に和むまで…東京市民の心情風景ソングのストリートシンガー添田唖蝉坊演歌と社会誌をミックス。

目次

社会党ラッパ節―トコトットット
喇叭節(ラッパ節)―蟇口拾って喜んでにつこと笑ふてよく見たら
四季の歌(春は嬉しや)―チョイト覚悟の厚化粧
ストトン節―ストトンストトン
ヘナチョコ節―ステキメッポーヘナチョコだ
現代節―アラ ほんとに現代的だわネ
当世字引歌―「空前絶後」とは「タビタビアルコト」
東京節(パイノパイ)―ラメチャンタラギッチョンチョンデパイノパイノパイ
新鴨緑江節―貧乏人に面あてのアノ花が咲く
新馬鹿の唄(ハテナソング)―ハテナハテナ〔ほか〕