• 本

SDGsと開発教育 持続可能な開発目標のための学び

出版社名 学文社
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-7620-2649-2
4-7620-2649-2
税込価格 3,240円
頁数・縦 296P 21cm

商品内容

目次

第1部 開発教育とは何か(開発教育の歴史と課題
開発教育の内容・方法・カリキュラム
地域における開発教育の展開)
第2部 開発理論・国際協力(MDGsからSDGsへ
さまざまな開発論
環境問題とESD
国際協力)
第3部 人類共通の課題(貧困と格差
持続可能な生産と消費
紛争と平和
災害と開発)
第4部 開発の対象と担い手(子どもと若者
ジェンダー
人の移動)
これからの世界と私たち

出版社・メーカーコメント

2015年の国連総会で策定された「持続可能な開発目標=SDGs」について解説したテキスト。開発教育の歴史と課題を解説し、SDGsにおける開発理論、人類共通の課題、開発の担い手の課題について論ずる。2015年の国連総会で策定された「持続可能な開発目標=SDGs」について解説したテキスト。開発教育の歴史と課題をまとめ、SDGsにおける開発理論、人類共通の課題、開発の担い手の課題について論ずる。

著者紹介

田中 治彦 (タナカ ハルヒコ)  
上智大学総合人間科学部教育学科教授。(財)日本国際交流センター、岡山大学教育学部、立教大学文学部を経て現職。(特活)開発教育協会理事。専門は社会教育と開発教育
三宅 隆史 (ミヤケ タカフミ)  
(公財)シャンティ国際ボランティア会アフガニスタン事務所長。教育協力NGOネットワークの事務局長も務めている。日本ユネスコ協会連盟を経て現職。(特活)開発教育協会理事、Asian South Pacific Association for Basic and Adult Education(ASPBAE)理事を務めた。研究分野は成人教育、開発教育、教育協力におけるNGOの役割
湯本 浩之 (ユモト ヒロユキ)  
宇都宮大学留学生・国際交流センター准教授。現在の(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)事務局次長、(特活)開発教育協会(DEAR)事務局長、立教大学文学部特任准教授などを経て現職。専門は国際教育論や市民組織論。とくに、英国や欧州連合(EU)における開発教育やグローバル教育の政策研究を試みている。現在、DEAR副代表理事のほか、NGOを対象とした民間助成基金の運営委員なども務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)