• 本

ファラデーとマクスウェル 新装版

Century Books 人と思想 115

出版社名 清水書院
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-389-42115-1
4-389-42115-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 214P 19cm
シリーズ名 ファラデーとマクスウェル

商品内容

要旨

人類が初めて「火」の存在を知り、それを使いこなすようになったとき、その生活は格段の進展をしたように、人類が「電気」と「電波」を生活に取り入れるようになったとき、今日の文明社会が始まったといってよかろう。この電気と電波の利用の道を拓いたのは、ファラデーとマクスウェルであった。これより人類が受けた恩恵は計り知れないものがあり、そのことは、電気と電波のない世界を想像してみれば、ただちに実感されるであろう。さらに、二人によって見いだされた電気磁気の法則は、ニュートンの力学の法則に比肩するもので、両者は物体の現象を律する最も基本的な二本柱といわれる。さて、一方は小学校しか出ていない鍛冶屋の次男から、一方は地主の一人息子から出発して、これをなしとげるまでを振り返りながら、その偉業を理解してもらえるよう述べてみよう。

目次

1 ファラデーの一生と人となり(少青年時代
王立研究所について
大陸旅行
研究所復帰と結婚
電磁誘導の発見
電気分解・静電気その他の研究
磁気光学・反磁性その他の研究)
2 マクスウェルの一生と人となり(幼年時代
中高生時代
大学時代
アバディーン大学教授時代
グレンレァー隠遁時代
キャヴェンディッシュ研究所時代)
3 ファラデー・マクスウェルの場の思想と電磁気学の完成(電磁気学諸法則の発見
電磁気学の完成
場の思想の発展)
ファラデーとマクスウェルの文通

著者紹介

後藤 憲一 (ゴトウ ケンイチ)  
1917(大正6)年、島根県に生まれる。大阪帝国大学理学部卒業。大阪大学教授、摂南大学教授を歴任。大阪大学名誉教授。1993年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)