• 本

終わらないフェミニズム 「働く」女たちの言葉と欲望

出版社名 研究社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-327-47233-7
4-327-47233-6
税込価格 4,070円
頁数・縦 346P 20cm

商品内容

要旨

フェミニズムの最前線から女たちの世紀を振り返る。前衛的モダニズム作家ヴァージニア・ウルフは女性運動の先駆者でもあった。フェミニズムが様々な変遷を経てきた今日、私たちはウルフからどれだけ遠くに来たのか。ポストフェミニズム/第三波フェミニズム、新自由主義、ケア労働、ワーク・ライフ・バランス、シングルマザー、貧困といった最前線のテーマから、これまでのフェミニズムとその文学・文化を再検討。

目次

第1部 ポストサフラジストの「自由」と消費文化(おひとりさまのロンドン―『遍歴』に見る働く独身女性表象と現代
「オーランドーな女子たち」が目指すもの―戦間期の「若返り」物語から見るポストフェミニズム世代の欲望と困難
ミドルブラウ文化と女性知識人―『グッド・ハウスキーピング』、ウルフ、ホルトビー)
第2部 変貌する家庭とケア労働(「距離というものには大変な力が」―『灯台へ』に見る労働者としての「母」と子どもの観察運動
家事労働を語ること―家庭の天使、『波』のスーザン、ハウスワイフ2・0
ヴァージニア・ウルフと「誰もの生」―『波』におけるハイ・モダニズム、キャラクター、情動労働)
第3部 ポストフェミニズム状況下の労働と共通文化(フェミニズムの戸惑い―第二波フェミニズム前後の「働く」女の「自伝」
ポストフェミニズムからポスト新自由主義へ―『めぐりあう時間たち』と『メイド・イン・ダゲナム』における女たちの「連帯」
女性は「すべてを手に入れる」ことができるのか?―ワーク・ライフ・バランスをめぐる「マミー・リット」の模索)
第4部 旅するフェミニズム(ウルフ、ニューヨーク知識人、フェミニズム批評―もうひとつ別の「成長」物語?
「少女」の誕生と抵抗―孤児アンの物語の原作と日本における受容をめぐって)

著者紹介

河野 真太郎 (コウノ シンタロウ)  
一橋大学大学院商学研究科准教授
麻生 えりか (アソウ エリカ)  
青山学院大学文学部教授
秦 邦生 (シン クニオ)  
青山学院大学文学部准教授
松永 典子 (マツナガ ノリコ)  
帝京大学理工学部専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)