• 本

パルミラの光彩 写真資料でよみがえる破壊された世界遺産

出版社名 雄山閣
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-639-02430-9
4-639-02430-4
税込価格 2,970円
頁数・縦 87P 26cm
シリーズ名 パルミラの光彩

商品内容

要旨

2015年過激派組織「イスラム国」(IS)によって破壊されたパルミラ遺跡、貴重な遺構の在りし日の姿。

目次

記念門(凱旋門)
ベール神殿
四面門
塔墓(地下墓室)
パルミラ残影
周辺の都市―古代都市の残照
西方の国々―ギリシア・ローマの栄光
東方の国々―はるかなる長安への旅

著者紹介

山田 勝久 (ヤマダ カツヒサ)  
1943年名古屋市生まれ。早稲田大学国語国文学専攻科修了。二松学舎大学大学院博士課程単位取得満期退学。跡見学園女子短期大学・二松学舎大学・弘前大学・大阪大学大学院博士課程非常勤講師。北海道教育大学教授。大阪教育大学教授・大学院主任教授、附属池田中学校長、学長補佐。総合地球環境学研究所、研究水準外部評価委員。甲子園大学理事・副学長・機構長・教授を歴任。現在は大阪教育大学名誉教授、NHK文化センター名古屋・柏・西宮「シルクロード」講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)