• 本

遺伝子組み換え食品入門 必要か不要か?安全か危険か?

増補改訂版

プロブレムQ&A

出版社名 緑風出版
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-8461-1616-3
4-8461-1616-6
税込価格 1,944円
頁数・縦 188P 21cm
シリーズ名 遺伝子組み換え食品入門

商品内容

要旨

本書は、遺伝子組み換え食品をめぐるさまざまな問題をやさしく解説し、その危険性を明らかにするとともにTPP交渉を踏まえ最新の問題点を明らかにする。

目次

1 遺伝子組み換え食品の基礎(遺伝子って何ですか?
バイオテクノロジーとは何ですか? ほか)
2 遺伝子組み換え種子・添加物・動物(日本でも遺伝子組み換え種子による汚染が広がっているって本当ですか?
遺伝子組み換え汚染が、農家などに経済的損失をもらたしている? ほか)
3 遺伝子組み換え食品の安全性(遺伝子組み換え作物に用いられる除草剤は安全ですか?
遺伝子組み換え食品は安全ですか? ほか)
4 TPPと遺伝子組み換え食品(TPPとはどんなものですか?
TPPで食の安全は守られるのでしょうか? ほか)

著者紹介

天笠 啓祐 (アマガサ ケイスケ)  
1947年東京生まれ。早大理工学部卒。現在、ジャーナリスト、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表、市民バイオテクノロジー情報室代表、日本消費者連盟共同代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)