• 本

頼みある仲の酒宴かな

文春文庫 さ28−23 縮尻鏡三郎

出版社名 文藝春秋
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-16-790697-9
4-16-790697-X
税込価格 726円
頁数・縦 395P 16cm

商品内容

要旨

日本橋・白木屋の土地は自分のものだと、老婆が鏡三郎に訴え出た。とはいえ証拠の書類は焼失したという。だが、背後には怪しい浪人が軍師として付いている様子だ。その浪人、柴田帯刀は凄腕の剣の遣い手のうえ、やけに金回りもいい。果たして柴田の正体は、そして白木屋の土地は本当に老婆のものなのか?人気シリーズ第8弾。

おすすめコメント

日本橋の白木屋の土地は自分のものだと老婆が鏡三郎に訴え出た。老婆の背後には腕利きの浪人もいる。事の真相は? シリーズ第八弾!

著者紹介

佐藤 雅美 (サトウ マサヨシ)  
昭和16(1941)年、兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。会社勤務を経て、43年よりフリーに。60年、処女作「大君の通貨」で、第4回新田次郎文学賞受賞。平成6年、「恵比寿屋喜兵衛手控え」で、第110回直木賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)