• 本

狼と羊皮紙 新説狼と香辛料

電撃文庫 3156

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-04-892356-9
4-04-892356-0
税込価格 693円
頁数・縦 327P 15cm
シリーズ名 狼と羊皮紙

商品内容

要旨

聖職者を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を持つ美しい娘ミューリが潜んでおり―!?かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に同行した放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てたのだ。『狼と香辛料』待望の新シリーズは、ホロとロレンスの娘ミューリが主人公。いつの日にか世界を変える、『狼』と『羊皮紙』の旅が始まる―!

おすすめコメント

聖職者を夢見る青年コルは、夢を叶えるため、恩人であるロレンスが営む湯屋を旅立つ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を持つ、ホロの娘ミューリが潜んでいた。ファン待望、『狼と香辛料』の新シリーズ!

著者紹介

支倉 凍砂 (ハセクラ イスナ)  
1982年12月27日生まれ。第12回電撃小説大賞“銀賞”受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)