• 本

招き猫神社のテンテコ舞いな日々 3

メディアワークス文庫 あ2−8

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-04-892392-7
4-04-892392-7
税込価格 671円
頁数・縦 299P 15cm
シリーズ名 招き猫神社のテンテコ舞いな日々

商品内容

要旨

東京の片隅にある小さな神社で、管理人として細々と暮らしている青年・和己。ある日のこと彼は、神社の所有者である伯父が入院した事実を知る。重体だと聞き、急いで病院を訪れるものの、伯父の養子から「父が亡くなったら、神社を潰して、土地は売るつもり」と冷たく突き放されてしまう。ショックを受ける和己の頭には、神社に棲みついている化け猫たちや、神社を慕って通ってくれる人たちの顔がよぎるのだった―。さて、神社の行く末は!?

おすすめコメント

神社の所有者である伯父が入院した。どうも重体らしい。伯父の養子からは「父が亡くなったら、神社から出ていってもらう」と通告される。もちろん俺だって、いつまでもこの神社に居座るつもりはないけどさ……。

著者紹介

有間 カオル (アリマ カオル)  
東京都出身。法政大学哲学科卒。2009年に『太陽のあくび』で電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)