• 本

シベリア出兵 近代日本の忘れられた七年戦争

中公新書 2393

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-12-102393-3
4-12-102393-5
税込価格 946円
頁数・縦 266P 18cm

商品内容

要旨

1917年11月に勃発したロシア革命。共産主義勢力の拡大に対して翌年8月、反革命軍救出を名目に、日本は極東ロシアへ派兵、シベリア中部のバイカル湖畔まで占領する。だがロシア人の傀儡政権は機能せず、パルチザンや赤軍に敗退を重ねる。日本人虐殺事件の代償を求め、北サハリンを占領するなど、単独で出兵を続行するが…。本書は、増派と撤兵に揺れる内政、酷寒の地での7年間にわたる戦争の全貌を描く。

目次

序章 ロシア革命勃発の余波―一九一七〜一八年
第1章 日米共同出兵へ―一九一八年
第2章 広大なシベリアでの攻防―一九一九年
第3章 赤軍の攻勢、緩衝国家の樹立―一九一九〜二〇年
第4章 北サハリン、間島への新たな派兵―一九二〇年
第5章 沿海州からの撤兵―一九二一〜二二年
第6章 ソ連との国交樹立へ―一九二三〜二五年
終章 なぜ出兵は七年も続いたのか

おすすめコメント

ロシア革命後、日本はシベリア中部まで侵攻し傀儡政権を作る。だがパルチザン、赤軍に敗退、虐殺にも遭遇し…7年の戦争を描き切る。

著者紹介

麻田 雅文 (アサダ マサフミ)  
1980(昭和55)年東京都生まれ。2003年、学習院大学文学部史学科卒業。10年北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(学術)。日本学術振興会特別研究員、ジョージ・ワシントン大学客員研究員などを経て、岩手大学人文社会科学部准教授。専攻は近現代の日中露関係史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)