• 本

難民問題 イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題

中公新書 2394

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-12-102394-0
4-12-102394-3
税込価格 929円
頁数・縦 246P 18cm

商品内容

要旨

シリアなどイスラム圏では紛争が続き、大量の難民が発生している。2015年9月、溺死した幼児の遺体写真をきっかけに、ドイツを中心に難民受け入れの輪が広がった。だが同年11月のパリ同時多発テロ事件をはじめ、欧州で難民・移民の関係した事件が続発。16年6月、EU離脱を決めたイギリス国民投票にも影響した。苦しむ難民を見過ごしてよいのか、だがこのままでは社会が壊れかねない。欧州の苦悩から日本は何を学ぶか。

目次

第1章 難民とは何か
第2章 揺れ動くイスラム圏
第3章 苦悩するEU
第4章 慎重な日本
第5章 漂流する世界
終章 解決の限界

おすすめコメント

イスラム圏から欧州へ流入する大量の難民。シリア等の紛争被害は甚大だが、テロや犯罪のリスクも見過ごせない。欧州の苦悩から学ぶ。

著者紹介

墓田 桂 (ハカタ ケイ)  
1970年、富山県生まれ。フランス国立ナンシー第二大学より公法学博士(Docteur en Droit public、国際公法専攻)の学位取得。外務省勤務を経て、2005年より成蹊大学文学部国際文化学科にて教鞭を執る。2015年より同教授。アテネオ・デ・マニラ大学客員研究員、オックスフォード大学客員研究員、法務省難民審査参与員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)