• 本

山釣り 山本素石傑作集

ヤマケイ文庫

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-635-04820-0
4-635-04820-9
税込価格 979円
頁数・縦 291P 15cm

商品内容

要旨

不世出の釣り師、ツチノコ博士、山村民俗の語り部として文名を馳せた。異才・山本素石。その熱狂とロマンと哀愁に満ちた珠玉作を4テーマに振り分け、28篇を厳選、傑作集として編まれた一冊。素石の生涯が知れる熊谷栄三郎氏の解説も資料性が高い。失われつつある昭和の山村風景の貴重な記録でもある。

目次

1 山中漂泊(飢餓のすなどり
山野秋邨先生 ほか)
2 異界草紙(夜道の怪異
志明院の怪 ほか)
3 辺境異聞(山小屋の夜語り
奥美濃夜話 ほか)
4 山人挽歌(陸封型
廃村の夜 ほか)

著者紹介

山本 素石 (ヤマモト ソセキ)  
1919年、滋賀県甲賀郡(現・甲賀市)甲南町生まれ。天理教滋京分教会長、ノータリンクラブ会長などをつとめるかたわら、日本各地の山地溪谷を探訪し、山村と溪流釣りにまつわる数多くのエッセイ・紀行を世に送り出した。本名・山本幹二。1988年、京都市北区にて死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)