• 本

愛知の怖い話

出版社名 TOブックス
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-86472-524-8
4-86472-524-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 148P 19cm

商品内容

要旨

秀吉ゆかりの太閤神社にまつわる噂や、元巨大遊郭の跡地で起こる怪奇現象から、曰くつきのトンネルや廃墟、絶対に入っていけない中古物件まで、知られざる屈指の心霊スポット愛知の怪異と恐怖がここに…。

目次

水飲み場(名古屋市中区)
入鹿池(犬山市)
パチンコ嫌い(名古屋市中村区)
平和公園(名古屋市千種区)
トイレの…(名古屋市西区)
八事霊園(名古屋市天白区)
口裂け女、遠征(名古屋市中村区)
不発弾(名古屋市中村区)
ミニシアター(名古屋市中村区)
中村日赤病院(名古屋市中村区)〔ほか〕

著者紹介

福谷 修 (フクタニ オサム)  
映画監督・作家。構成作家、ライターを経て、日本香港合作ホラー「最後の晩餐」で監督デビュー。同作はスコットランド国際ホラー映画祭で準グランプリを受賞。他に、ホラー作品の監督・脚本を多数手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)