• 本

生きる理由を探してる人へ

角川新書 K−105

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-04-082070-5
4-04-082070-3
税込価格 864円
頁数・縦 200P 18cm

商品内容

要旨

「自殺=悪」の決めつけが遺族を苦しめることもある。それでも自殺は「しないほうがいい」。追いつめられていても、現状から脱出して「違うかたちで生きる」という道を提示できないか。芸人と作家による異色対談。

目次

序章 自分のことが好きですか?
第1章 分人主義とザッツ・オール・ライト!
第2章 未来は常に過去を変えている!
第3章 大谷ノブ彦が自殺しかけた日
第4章 アイデンティティ・クライシスを乗り越える方法
終章 「幸福」が人を追いつめる!

著者紹介

大谷 ノブ彦 (オオタニ ノブヒコ)  
1972年大分県佐伯市生まれ。明治大学経済学部卒。同じ大分県佐伯市出身で中学の同級生である大地洋輔と東京で再会、94年吉本興業のオーディションに合格しコンビ「ダイノジ」を結成
平野 啓一郎 (ヒラノ ケイイチロウ)  
1975年愛知県蒲郡市生まれ。北九州市出身。京都大学法学部卒。99年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。2004年には、文化庁の「文化交流使」として1年間、パリに滞在。08年からは、三島由紀夫賞選考委員、写真の町東川賞審査会委員を務める。美術、音楽にも造詣が深く、幅広いジャンルで批評を執筆。14年、フランス芸術文化勲章シュヴァリエを受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)