• 本

安倍晋三の憲法戦争

出版社名 プレジデント社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-8334-5106-2
4-8334-5106-9
税込価格 1,728円
頁数・縦 302P 20cm

商品内容

要旨

改憲実現を核とする「戦後レジームからの脱却」は安倍政治の根幹をなすテーマである。七十年目の「改憲政戦」の実相を探る。

目次

序章 改憲案発議が可能に
第1章 祖父・岸と父・晋太郎
第2章 「改憲が党是」の自民党
第3章 二つの自民党憲法案
第4章 迷走の第一次安倍内閣
第5章 つまずいた改正要件緩和
第6章 憲法解釈変更作戦
第7章 集団的自衛権行使の道
第8章 改憲政党・橋下維新
第9章 幻の衆参同日選挙
終章 七十年目の「憲法戦争」

おすすめコメント

そもそも安倍晋三はなぜ憲法を変えたいのか?自由民主党は結党以来憲法改正を掲げてきたのか?果たして、改憲は実現できるのか?参院選の勝利により、衆参ともに改憲勢力が2/3を超えた。「黄金の2年間」を手に入れた安倍首相はこれからどう動くのか?

著者紹介

塩田 潮 (シオタ ウシオ)  
1946年、高知県吾川郡伊野町(現いの町)生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。雑誌編集者、記者などを経てノンフィクション作家に。『霞が関が震えた日』で第5回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)