• 本

汽車旅放浪記

中公文庫 せ9−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-12-206305-1
4-12-206305-1
税込価格 880円
頁数・縦 313P 16cm

商品内容

要旨

近代文学はなぜ多くの鉄道を登場させたのか。夏目漱石は『坊っちゃん』から、松本清張『点と線』まで、舞台となった路線に乗り、名シーンを追体験する。ローカル列車に揺られながら、かつて作家たちが鉄道を作品に取り込んだ理由に思いを馳せる。鉄道と文学との魅惑の関係をさぐる、時間旅行エッセイ。

目次

楽しい汽車旅(トンネルを抜ければ「異界」―上越線
東京のとなりの「鄙」―久留里線、いすみ鉄道、小湊鉄道
三十八年の一瞬―北陸本線
清張の旅情、芙美子の駅―香椎線、鹿児島本線、筑豊本線
太宰治の帰郷―津軽海峡線、津軽線、津軽鉄道
オホーツク発、銀河行―樺太東部本線終点栄浜(サハリン・スタロドゥプスコエ))
宮脇俊三の時間旅行(蝉しぐれの沈黙―左沢線、山形鉄道フラワー長井線、米坂線
時刻表を「読む」ということ―のと鉄道、氷見線
ローカル線車内風景―只見線、大井川鐵道井川線、わたらせ渓谷鐵道
汽車好きの原風景―宮脇俊生と昭和戦前)
「坊っちゃん」たちが乗った汽車(漱石と汽車―九州鉄道、山陽鉄道、東海道線
二十世紀を代表するもの―満鉄本線、三江線、東京路面電車
時を駆ける鉄道―都電荒川線、甲武鉄道
汽車は永遠に岡山に着かない―東海道、山陽、鹿児島各本線、御殿場線
初老「鉄ちゃん」はかわいいか―「あとがき」にかえて−大糸線)

おすすめコメント

夏目漱石『三四郎』の山陽本線から、松本清張『点と線』の鹿児島本線まで、作品の舞台となった路線に乗り、調べ、名シーンを追体験する。路線の歴史のみならず、いまは亡き作家たちの思いや、彼らと鉄道との魅惑の関係をさぐる。車窓に近代文学の風景が蘇る、時間旅行エッセイ。

著者紹介

関川 夏央 (セキカワ ナツオ)  
1949年新潟県生まれ。上智大学外国語学部中退。『海峡を越えたホームラン』で第七回講談社ノンフィクション賞を、『「坊っちゃん」の時代』(谷口ジローとの共著)で第二回手塚治虫文化賞を、『昭和が明るかった頃』で第一九回講談社エッセイ賞を、2001年「明治以降の日本人と、彼らが生きた時代を捉えた幅広い表現活動」により、第四回司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)