• 本

現代中国のジェンダー・ポリティクス 格差・性売買・「慰安婦」

出版社名 勉誠出版
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-585-23048-9
4-585-23048-3
税込価格 2,640円
頁数・縦 247P 21cm

商品内容

要旨

現代中国のジェンダー構造は、伝統中国や社会主義中国から如何に変化し、経済格差はどのように性別と関連し、消費社会はセクシャリティのあり方にどのような変化をもたらしたのか。また、近年の中国の民族主義は「慰安婦」問題をどのように捉えているのか。中国ジェンダー研究における第一線の研究者による最新成果。

目次

第1部 現代中国におけるジェンダー・ポリティクスの新局面―シンポジウムの記録(中国社会の変容と女性の経済参画―北京会議から二〇年
ジェンダーをめぐるフェミニスト・国家・男性の協働/不協働―反DV法制定過程を例に
現代中国のジェンダー言説と性の政治経済学)
第2部 北京国連女性会議から二〇年間の中国女性学(“女性意識”と“社会性別意識”―現代中国フェミニズム思想の一分析
グローバル化のもとでの中国女性学と国際開発プロジェクト―あわせて本土の資源と「本土化」の問題を語る
現代中国における三種の女性話語
紹介 フェミニスト行動派の運動とその特徴―二〇一二年二月〜二〇一六年四月)
第3部 中国における日本軍性暴力問題にどう向き合うか(女性・平和・民族自省―陝西師範大学で日本軍性暴力パネル展を開催して
苦難のうちに立ち止まって―日本軍性暴力パネル展の南京における挫折と内省
メディアの中の「慰安婦」ディスコース―記号化された「慰安婦」と「慰安婦」叙述における記憶/忘却のメカニズム)

著者紹介

小浜 正子 (コハマ マサコ)  
1958年生。日本大学文理学部教授。専門は中国近現代史・中国ジェンダー史
秋山 洋子 (アキヤマ ヨウコ)  
1942年生。中国女性史研究会会員。専門は中国女性史、女性文学。2016年8月26日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)