• 本

地図に秘められた「東京」歴史の謎

じっぴコンパクト文庫 た1−1

出版社名 実業之日本社
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-408-45674-4
4-408-45674-8
税込価格 704円
頁数・縦 190P 16cm

商品内容

要旨

「日本一人口が少ない自治体が東京都にあった!」「目黒の住宅街のなかになんと競馬場が残されている!?」「東京都は50区からはじまった!?」「品川駅が港区にあって、目黒駅が品川区にある理由とは!?」「赤羽の赤い羽根とは?」…など、巨大都市・東京の地図に隠された意外な歴史のエピソードや、江戸から東京への変貌の謎、地形に潜む地理の不思議が満載。あなたの知らない東京がここにあります。東京がもっとおもしろくなる知的ガイドブック。

目次

第1章 「江戸」から「東京」へ巨大都市のルーツをさぐる(江戸幕府が長期政権を維持しえたのは江戸城の立地にあった!
江戸城を守るため鬼門に建てられた寛永寺と増上寺 ほか)
第2章 地図から浮かびあがる東京変貌の謎(なぜ銀座には、橋もかかっていない場所に「○○橋」の地名が多いのか?
川が地下を流れ、地下鉄が地上三階を走る特異な地形をもつ渋谷 ほか)
第3章 交通の発達にみる東京の過去・現在・未来(どこからどこまでを「江戸前」と言うのか?水産庁の定義とは?
えっ、存在していなかった!?「埼京線」なる路線の真実 ほか)
第4章 地形に隠された地理の不思議(赤羽の赤い羽根とは?由来は関東ローム層の赤土にあった
どうやって引けばよいのか?山の手と下町の境界線 ほか)
第5章 地名から読み解く東京の歴史(寺にちなんでいる名のはずなのに寺の形跡がない「吉祥寺」
近未来的なイメージの「三軒茶屋」はたった三軒の茶屋から生まれた町 ほか)

おすすめコメント

首都・東京の地図や難読地名から、東京に刻まれた歴史の謎を読み解く!普段見慣れた町の意外な一面に気づく一冊。

著者紹介

谷川 彰英 (タニカワ アキヒデ)  
1945年長野県松本市生まれ。松本深志高校を経て東京教育大学(現筑波大学)教育学部に進学。同大学院博士課程修了。柳田国男研究で博士(教育学)の学位を取得。筑波大学教授、理事・副学長を歴任するも、定年退職と同時にノンフィクション作家に転身し、第二の人生を歩む。学問の枠を超えた自由な発想で地名論を展開し、現在、テレビ・ラジオなどでも活躍する。筑波大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)