• 本

ただ生きていく、それだけで素晴らしい

出版社名 PHP研究所
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-569-83110-7
4-569-83110-9
税込価格 1,100円
頁数・縦 157P 18cm

商品内容

要旨

私たちは生きているだけで価値のある存在です。生きるというだけですでに様々なことと闘い、懸命に自己を保ち、同時に自然と融和している。悩みのたうちながら、毎日を生き抜いている。そんないのちの健気さを思うと感動を覚えます。まずあなたのいのちの健気さを、自分自身で認めてあげてほしいと思うのです。あなたは、あなたのままでいい。生きづらい現代に贈る、珠玉のメッセージ集。

目次

第1章 立ち止まってしまったあなたへ(生きる「目的」を意識しすぎない
われあり。ゆえにわれ求む ほか)
第2章 生き抜く工夫(ネガティブ思考から、真のポジティブ思考が生まれる
生きる場所は、あなたが選んでいい ほか)
第3章 不安も悩みも、「私」の一部(不安はちゃんと感じたほうがいい
内側から湧きあがる声に耳を傾ける ほか)
第4章 いのちを生ききる(人としてこの地球に生きているという事実
只管人生―ただ生きていく ほか)

おすすめコメント

「ストレスにはちゃんと意味がある」「鬱であることを否定しない」など、生きづらさを感じている人へ向けて贈る、珠玉のメッセージ集。

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年(昭和7年)福岡県生まれ。平壌で終戦を体験し、47年引揚げ。早稲田大学中退後、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門』他で吉川英治文学賞、2002年菊池寛賞受賞。2010年長編小説『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)