• 本

療育なんかいらない! 発達障害キッズの子育ては、周りがあわせたほうがうまくいく

出版社名 小学館
出版年月 2016年10月
ISBNコード 978-4-09-310853-9
4-09-310853-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

かながわ福祉サービス大賞特別賞受賞。天才プロデューサーの「放課後デイ」革命。

目次

第1章 「子育ての常識」は、すべて疑ってみる
第2章 激しく燃える「療育信仰」
第3章 療育なんかいらない!
第4章 今までになかった「居場所」をつくる
第5章 日本の福祉と学校は、なぜダサい?
第6章 子育ての本質は“楽しむ”こと

出版社・メーカーコメント

発達障害の子育ての常識がひっくり返る! 「療育」とは発達障害の子が社会に適応するための「訓練」。療育に象徴されるように、発達障害の子どもを取り巻く環境は、社会の常識や枠組みに組み込もうとするものばかり。だから子どもには負荷がかかり、親は子育てがストレスになる。川崎市で発達障害の子の放課後等デイサービスを運営する著者のもとには、毎月百人ほどの保護者が発達障害の子育て相談にやってくる。相談にのっていて一番気になるのは、保護者が一様に暗く、疲れていること。「こうあるべき」という親自身の子どもへの願望や、世間で流布されている子育ての常識の枠にわが子をはめ込もうとしてはまらず、思い詰めているケースがほとんどだという。本書は、そんな保護者に対して著者がいつも答えるように、マツコデラッックスばりのユーモアたっぷりの一刀両断トークで、縛られがちな発達障害の子育ての常識や固定観念を次々とブチ壊し、読者にポジティブな気づきを与えていく。著者の息子・自閉症児「がっちゃん」の破天荒な日常エピソードをコミックで織り交ぜながら、発達障害の子育てをエンジョイするまったく新しい方法を提案します!

著者紹介

佐藤 典雅 (サトウ ノリマサ)  
1971年広島県生まれ。当時4歳だった自閉症の息子のため、家族でアメリカ・ロスアンゼルスに転居。9年間の療育体験を経て帰国し、発達障害の子どもをサポートする『株式会社アイム』を設立し、放課後等デイサービスの運営を開始。2015年、第4回かながわ福祉サービス大賞、特別賞受賞。前職は、ヤフー・ジャパンのマーケティング、東京ガールズコレクションやアパレルブランドのキットソンなどを仕掛けた天才プロデューサーとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)