• 本

〈もの派〉の起源 石子順造・李禹煥・グループ〈幻触〉がはたした役割

水声文庫

出版社名 水声社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-8010-0202-9
4-8010-0202-1
税込価格 3,456円
頁数・縦 265P 図版32P 20cm

商品内容

要旨

斎藤義重や高松次郎の影響で誕生したとされる“もの派”。だがそこには、美術批評家の石子順造とともに静岡で活動するグループ“幻触”の存在があった。“もの派”以上に“もの派”的な、独自の作品を作っていた“幻触”の活動を詳らかにし、“もの派”の真実に迫る!60年代美術史の真実。

目次

1 “もの派”とその起源
2 一九六八年春から一九六九年春の出来事
3 『位相‐大地』について
4 石子順造とその仲間たち
5 グループ“幻触”の存在
6 “もの派”と“幻触”の作品
7 現代美術の批評精神
8 石子順造と「丸石」