• 本

ルネサンスの歴史 上

改版

黄金世紀のイタリア

中公文庫 モ5−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-12-206282-5
4-12-206282-9
税込価格 1,012円
頁数・縦 351P 16cm
シリーズ名 ルネサンスの歴史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

十四〜十六世紀、イタリアの混沌が生み出したエネルギーは天才たちを刺激し、古典文化の復興を成し遂げた。上巻では、ルネサンス初期の歴代教皇をめぐるイタリアとヨーロッパ諸国の確執を掘り下げ、さらに芸術的新時代を告げたドナテッロ、ボッカチオなど華やかなメディチ文化の担い手たちを活写する。

目次

ルネサンスとヒューマニズム
大帝の遺産
シチリアの晩鐘
イタリアの情勢
ボニファティウス八世
ハインリヒ七世
ダンテ
バビロニア捕囚
コーラ・ディ・リエンツォ
ペトラルカ〔ほか〕

おすすめコメント

古典の復活はルネサンスの一側面にすぎない。天才たちのエネルギーを誘発した社会的要因に注目し、史上最も華やかな時代を彩った人間群像を活写。

著者紹介

モンタネッリ,インドロ (モンタネッリ,インドロ)  
1909年生まれ。ソルボンヌ大学法学部卒業。二十世紀イタリアを代表するジャーナリストであり著述家。2001年、死去
ジェルヴァーゾ,ロベルト (ジェルヴァーゾ,ロベルト)  
1937年、ローマに生まれる。ジャーナリスト、作家、アフォリズム作家
藤沢 道郎 (フジサワ ミチオ)  
1933年(昭和8)、京都生まれ。京都大学文学部卒業。桃山学院大学名誉教授。イタリア史、イタリア文学専攻。2001年(平成13)死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)