• 本

地理教育研究の新展開

出版社名 古今書院
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-7722-5294-2
4-7722-5294-0
税込価格 4,860円
頁数・縦 276P 21cm

商品内容

目次

第1部 地理教育の本質論、カリキュラム論
第2部 地理教育の内容論、教材論(地形、災害、人口問題、世界遺産、世界地誌)
第3部 地理教育の学習指導方法論
第4部 地歴連携学習論、総合的な学習論
第5部 小学校社会科地理教育論
第6部 大学における地理教育論

出版社・メーカーコメント

アクティブラーニングの導入など、地理教育の最近の課題や動向、地理教育の将来展望を示す意欲的な論考など24編を収載。;内容:日本の主体的社会科地理教育論を目指して 山口幸男著. 宇宙時代の地理教育を考える 西岡尚也著. 中学校学習指導要領社会科地理カリキュラムにみる学習の内容的側面と方法的側面に機能する地理的概念 吉田剛著. 陥没地形に着目した高校地理の実践 西克幸著. 高校地理における災害地名等に着目した地域教材の開発 田準一郎著. 持続可能な社会の形成を考える人口問題を取り上げた地理ESD授業 永田成文著. 世界文化遺産を教材活用した授業実践の内容と効果 菊地達夫著. 「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界遺産登録と地理教育における蚕糸絹文化 大島登志彦著. 世界地誌をどのように理解させるか 松浦直裕著. 高等学校におけるウォークラリー巡検の実践と評価 今井英文著. 高等学校におけるフィールドワークの実践とその意義・成果に関する考察 横山満著. 巡検学習における地図的能力と地図指導 中牧崇著. 地理学習におけるアクティブラーニングの意義 泉貴久著. 小中高の地理教育の系統性と発展性 針谷重輝著. 国名知識獲得が学習に与える好影響 本田清著. 高等学校地理授業における地歴連携授業の開発と実践 山本實著. 貨幣改鋳から考察する江戸時代の経済構造 寺尾隆雄著. 社会科地理が主導した「総合的な学習の時間」の実践 松岡路秀著. 同心円的拡大主義の再評価 佐藤浩樹著. 広領域総合的科目小学校社会科としての国土学習の改善 金野誠志著. 高等学校地理教員採用の現状と大学での授業実践 辰己勝著. 中学校1種免許〈社会〉の教職課程「教科に関する科目」の地理学の授業について 山田喜一著. 大学での社会科教育法のアクティブラーニング授業 酒井喜八郎著. 地理と歴史とのバランスのよい学びの必要性を実感させる地理歴史科教育法の授業 伊藤裕康著

著者紹介

山口 幸男 (ヤマグチ ユキオ)  
群馬大学名誉教授
山本 實 (ヤマモト ミノル)  
東京農業大学・非常勤
横山 満 (ヨコヤマ ミツル)  
元・東星学園中学校・高等学校
山田 喜一 (ヤマダ ヨシカズ)  
文京学院大学
寺尾 隆雄 (テラオ タカオ)  
大妻中学高等学校(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)