• 本

ゴルフ現代スイングの結論

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-309-27781-3
4-309-27781-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

ベン・ホーガンの時代から100年―不変の基本と移り変わってきた最新理論わ融合。今目指すべき、現代ゴルフスイングの決定版!!年齢を問わず安定したスイングを作るための集大成!!

目次

序章 ベン・ホーガンの時代から変わっていない基本(大人からゴルフを始めた人は正しい理論の吸収から始めよう
スイングの核心となるのは骨格のポジショニングだ ほか)
第1章 スイングに複雑な動きなんていらない(腕の振りよりも体幹の動きに主眼を置いて練習すべし
体幹部の捻りに連動して肩と腰が自動的に回転する ほか)
第2章 100年前から変わらないニュートラルなアドレスとは!?(頭の後ろと背骨のラインを真っ直ぐにセット
アドレスの要点は両ヒジを両腰骨に向けること ほか)
第3章 100年たっても変わらないスイングの基本(両ヒジを下に向けたまま振るのがスイングの基本形
スイング中、腕とクラブは体の真正面にキープ ほか)
第4章 名手たちの共通点は、昔も今も「切り返し」にある(ヘッドアップしてはいけないのはどうして?
ヘッド・ビハインド・ザ・ボールの本当の意味とは? ほか)

おすすめコメント

ベン・ホーガンの時代から100年。不変の原理原則と移り変わってきた理論を整理し、今目指すべき「現代スイング」を解説した一冊。

著者紹介

内藤 雄士 (ナイトウ ユウジ)  
ツアープロコーチ。1969年生まれ。日本大学ゴルフ部在籍中にアメリカにゴルフ留学し、最新ゴルフ理論を学ぶ。帰国後、ゴルフ練習場ハイランドセンター(杉並区・高井戸)にラーニングゴルフクラブ(LGC)を設立し、レッスン活動を始める。1998年、ツアープロコーチとしての活動を開始。2001年には、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会の舞台を日本人初のツアープロコーチという立場で経験する。丸山茂樹プロのツアー3勝をはじめ、契約プロゴルファーの多数のツアー優勝をサポートしてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)