• 本

半島をゆく 第1巻

信長と戦国興亡編

出版社名 小学館
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-09-343442-3
4-09-343442-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 321P 19cm

商品内容

要旨

歴史の旅に発見あり!頼朝、早雲、信長、九鬼水軍、龍馬…半島は、常に歴史の舞台だった!

目次

第1章 知多半島(愛知県)
第2章 薩摩半島(鹿児島県)
第3章 能登半島(石川県)
第4章 沼隈半島(広島県)
第5章 伊豆半島(静岡県)
第6章 志摩半島(三重県)

おすすめコメント

歴史の旅に発見あり! 「半島は陸のどんづまりだけども、海の玄関口でもある」――。明治に鉄道が開通するまで、わが国の物流を担っていたのは海運だった。物流の集積地である半島の港には、物があふれ、人々が集い、あらゆる情報が飛び交った。だからこそ、歴史は半島で動いた。信長が初めて鉄砲を使用した桶狭間6年前の合戦(知多半島)、鑑真やザビエルが上陸した世界に開けた港(薩摩半島)、戦国屈指の山城を擁した城下町(能登半島)、本能寺の変の司令塔が置かれた「鞆幕府」(沼隈半島)、頼朝、早雲、江川英龍と歴史を転換させた韮山の地(伊豆半島)、信長の天下統一戦線を水軍で支えた九鬼一族(志摩半島)など、直木賞作家・安部龍太郎氏と歴史学者の藤田達生氏が半島を丹念に歩き、海と陸の接点から日本史を捉え直す意欲作。創刊27年の月刊誌『サライ』の大好評連載が待望の単行本化。【編集担当からのおすすめ情報】 知多半島の古刹・延命寺所蔵の洛中洛外図屏風は、大坂の陣の際に豊臣方の御座船から奪われたという貴重な作品。この屏風はいつ描かれたのか? 歴史解説を担当する三重大学の藤田達生教授が、その謎に挑む。

著者紹介

安部 龍太郎 (アベ リュウタロウ)  
昭和30年、福岡県黒木町(現八女市)生まれ。久留米高専卒業後、東京都大田区役所に勤務の傍ら、小説を執筆。平成15年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、同26年『等伯』で直木賞を受賞
藤田 達生 (フジタ タツオ)  
昭和33年、愛媛県新居浜市生まれ。神戸大学大学院博士課程修了。三重大学教授。織豊期を中心に戦国時代から近世までを専門とする歴史学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)