• 本

日本語と哲学の問題

出版社名 景文館書店
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-907105-06-8
4-907105-06-1
税込価格 572円
頁数・縦 70P 19cm

商品内容

要旨

ハイデッガーの『存在と時間』に刺激を受けた和辻が、ドイツ留学から帰国後に取り組んだ論文。「もの」「こと」「ある」「いうこと」など、日常のことばの意味を整理し、輸入された外国語ではなく真に日本語で哲学するための基礎付けを目指した。

目次

1 国民的特性としての言語
2 日本語の特質
3 日本語と哲学の問題
4 「こと」の意義
5 「いうこと」の意義
6 言う者は誰であるか
7 「ある」の意義

著者紹介

和辻 哲郎 (ワツジ テツロウ)  
1889‐1960。兵庫県神崎郡砥堀村仁豊野(現在の姫路市仁豊野)に生まれる。倫理学者、哲学者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)