• 本

「日米合同委員会」の研究 謎の権力構造の正体に迫る

「戦後再発見」双書 5

出版社名 創元社
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-422-30055-9
4-422-30055-5
税込価格 1,620円
頁数・縦 332P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

日本政府の上に君臨し、軍事も外交も司法までも日本の主権を侵害する取り決めを交わす“影の政府”の実像とは?謎の権力構造の正体に迫る。

目次

1 日米合同委員会とは何か(銃を持った日本人警備員のいる都心の米軍基地
日本のエリート官僚とアメリカの高級軍人が集う合同委員会 ほか)
2 なぜ日本の空は、いまでも米軍に支配されているのか(「横田空域」―目に見えない空の壁
「横田空域」の法的根拠を開示しない日本政府 ほか)
3 日本占領管理はどのようにして継続したのか―「占領管理法体系」から「安保法体系」へ(米軍の特権を認めた日米行政協定
日米合同委員会の前身にあたる予備作業班 ほか)
4 最高裁にもあった裏マニュアル(『最高裁部外秘資料』に載っていた密約
民事裁判権に関する秘密合意 ほか)
5 密室の協議はこうしておこなわれる―富士演習場をめぐる密約(米軍による富士演習場の優先使用権密約
アメリカ議会の議事録から明らかになった密約の存在 ほか)

おすすめコメント

日本の超エリート官僚と在日米軍の軍人たちが毎月2度行う秘密の会議「日米合同委員会」。そこで合意された取り決めは日本の法律・憲法よりも、強い効力をもっている。しかし、軍事、外交、司法のさまざまな側面で、日本の主権を侵害し続けるその協議の内容は厚い秘密のベールに包まれ、ほとんど公表されることがない。米外交官から見ても「きわめて異常」と評されるその驚くべき実態に、第一人者の大宅賞作家、吉田敏浩がせまる!

著者紹介

吉田 敏浩 (ヨシダ トシヒロ)  
1957年、大分県臼杵市生まれ。明治大学文学部卒。ジャーナリスト。『森の回廊』(NHK出版)で、1996年、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)