• 本

ハッブル宇宙望遠鏡宇宙の絶景

知的生きかた文庫 ぬ1−1 LIFE

出版社名 三笠書房
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-8379-8448-1
4-8379-8448-7
税込価格 880円
頁数・縦 221P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

太陽系から、130億光年離れた彼方の銀河まで。25年以上にわたって撮影、公開された画像の中から厳選、200点以上の「宇宙絶景」を収録!さらに、数々の困難と挫折を乗り越えてきたハッブル宇宙望遠鏡の「歴史秘話」と、「宇宙の最新の話題」をわかりやすく解説。楽しく、そして深く、「宇宙の謎」がわかる本!

目次

1 私たちの太陽系
2 系外惑星
3 銀河系天体
4 銀河の眺望
5 宇宙の彼方
6 宇宙の謎を解く
7 ハッブル宇宙望遠鏡

おすすめコメント

130億光年の時空を超えて、広大な「宇宙の旅」へ! 1990年、スペースシャトルによって打ち上げられた「ハッブル宇宙望遠鏡」。大気のない宇宙空間がもたらす驚くべき解像度と最新技術によって生み出された、美しく、そして神秘に満ちた「宇宙の真の姿」がここにあります。◇巨大砂嵐が地表を包み、空に漂う「火星の気候」 ◇オリオン大星雲は、夜空に浮かぶ「星のゆりかご」 ◇目に見えない「謎の物質・ダークマター」とは? ◇宇宙で最も壮麗な「渦巻銀河」 ◇重力レンズが生んだ「宇宙のスマイル」 ◇宇宙の未来のカギを握る「ダークエネルギー」 ◇数十億年離れた「深宇宙」の天体 ……etc. 楽しく、そして深く、「宇宙の謎」がわかる本!

著者紹介

沼澤 茂美 (ヌマザワ シゲミ)  
新潟県出身。上京して建築設計を学び、建築設計会社を経て、プラネタリウム館で番組制作を行う。1984年、日本プラネタリウムラボラトリー(JPL)を設立する。天文イラスト・天体写真の仕事を中心に、執筆、NHKの天文科学番組の制作や海外取材、ハリウッド映画のイメージポスターを手がけるなど、広範囲に活躍している
脇屋 奈々代 (ワキヤ ナナヨ)  
新潟県出身。大学で天文学を学び、のちにプラネタリウムの職に就き、解説や番組制作に携わりながら、太陽黒点の観測を行ってきた。1985年、JPLに参加して、プラネタリウム番組のシナリオや書籍の執筆、翻訳などの仕事を中心に、NHK科学宇宙番組の監修などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)