• 本

カブールの園

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-16-390593-8
4-16-390593-6
税込価格 1,485円
頁数・縦 206P 20cm

商品内容

文学賞情報

2017年 第30回 三島由紀夫賞受賞

要旨

わたしたちの世代の最良の精神はどこにあるのか。日系アメリカ女性のレイ(玲)は、過去への旅に出る。SF界の異才による、リアルな世界の“いま”

おすすめコメント

サンフランシスコで暮らす移民三世のレイは、旅の途中にかつて日系人収容所であった博物館を訪れる。日本と世界のリアルがここに!

著者紹介

宮内 悠介 (ミヤウチ ユウスケ)  
1979年、東京に生まれる。92年までニューヨーク在住。早稲田大学第一文学部卒。2010年に「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞の最終候補となり、選考委員特別賞(山田正紀賞)を受賞。同作を表題とする『盤上の夜』は、直木賞候補作となり、日本SF大賞(第33回)特別賞を受賞した。第二作の『ヨハネスブルグの天使たち』も直木賞候補作となり、日本SF大賞(第34回)特別賞を受賞。2013年には「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)