• 本

彼らが本気で編むときは、

出版社名 パルコエンタテインメント事業部
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-86506-203-8
4-86506-203-3
税込価格 693円
頁数・縦 221P 15cm

商品内容

要旨

優しさに満ちたトランスジェンダーのリンコと彼女の心の美しさに惹かれすべてを受け入れる恋人のマキオ。そんなカップルの前に現れた愛を知らない孤独な少女トモ。桜の季節に出会った3人がそれぞれの幸せを見つけるまでの心温まる60日間を描いた物語。

おすすめコメント

主演・生田斗馬がトランスジェンダー役に挑戦した話題作 『かもめ食堂』『めがね』『トイレット』を手がけた荻野直子監督・脚本!!; ;<STORY>★マキオ(桐谷健太)の職業は書店員! 小学生のトモ(柿原りんか)は、母親と二人暮らし。ある日突然母が家出をしてしまい、独りきりになったトモは、叔父であるマキオ(桐谷健太)の家に向かう。母の家出は初めてではない。ただ以前と違うのは、マキオはリンコ(生田斗馬)という美しい恋人と一緒に暮らしていた。リンコは、女性への性別適合手術を受けたトランスジェンダー。母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコの存在に戸惑いながらも、三人での奇妙な共同生活が始まった。

著者紹介

荻上 直子 (オギガミ ナオコ)  
長編劇場デビュー作『バーバー吉野』(03)でベルリン国際映画祭児童映画部門特別賞を受賞。『かもめ食堂』(06)の大ヒットにより、日本映画の新しいジャンルを築く。『めがね』(07)は、海外の映画祭でも注目を集め、08年サンダンスフィルム映画祭、香港映画祭、サンフランシスコ映画祭などに出品され、ベルリン国際映画祭では、ザルツゲーバー賞を受賞した。『トイレット』(10)は、第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞し、『レンタネコ』(12)は第62回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品された
百瀬 しのぶ (モモセ シノブ)  
フリーライター。日本大学芸術学部文芸学科卒業
今日 マチ子 (キョウ マチコ)  
漫画家。1P漫画ブログ「今日マチ子のセンネン画報」の書籍化が話題に。4度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。戦争を描いた『cocoon』は「マームとジプシー」によって舞台化。2014年に手塚治虫文化賞新生賞、2015年に日本漫画家協会賞大賞カーツーン部門受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)