• 本

ゴーストケース 心霊科学捜査官

講談社タイガ シD−01

出版社名 講談社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-06-294056-6
4-06-294056-6
税込価格 778円
頁数・縦 300P 15cm

商品内容

要旨

地下アイドル・奏歌のCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。CDの呪いの科学的解明に挑むのは、陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎と警視庁捜査零課の刑事・音名井高潔のバディ。奏歌は自殺したアイドルに祟られているという。事件の鍵となる、人間が死後に発する精神毒素“怨素”を追って、地下アイドルの光と影に直面した御陵と音名井が導き出す「呪いの構造」とは?

おすすめコメント

地下アイドル・奏歌(ルビ:かなう)のCDが誘発する、ファンの連続自殺事件。このCDの呪いを科学的に解明せよ。ミッションを託されたのは陰陽師にして心霊科学捜査官の御陵清太郎(ルビ:みささぎせいたろう)と、警視庁捜査零課の刑事、音名井高潔(ルビ:おとないたかきよ)のバディ。鍵となるのは人間の意識の主体である「霊子(ルビ:りょうし)」と、人間が死後に発する精神毒素である「怨素(ルビ:おんそ)」。奏歌のライブに立ち会った御陵と音名井は、奏歌もまた「自殺したアイドル」に祟られているという噂を知る。地下アイドルの光と影に直面した2人が導き出す「呪いの構造」とは? 筋良し、キャラ良し、テンポ良し。意外性抜群のラストで落涙。圧倒的な面白さで、読み出したら止まらない、王道エンタメの傑作! 異能の新鋭作家・柴田勝家に注目せよ!

著者紹介

柴田 勝家 (シバタ カツイエ)  
1987年東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻所属。外来の民間信仰の伝播と信仰の変容を研究している。戦国武将の柴田勝家を敬愛する。2014年、『ニルヤの島』が第2回ハヤカワSFコンテストで大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)