• 本

強める!殿筋 殿筋から身体全体へアプローチ

出版社名 医道の日本社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-7529-3119-5
4-7529-3119-2
税込価格 3,960円
頁数・縦 203P 26cm

商品内容

要旨

最新の研究知見を踏まえた「殿筋」をめぐる冒険。治療家、アスレティックトレーナー必携の一冊!本書は「身体のなかで最も無視されている」部位の一つである殿筋に注目。身体の痛みや機能不全のなかには、局所ではなく、実は殿筋が引き起こしているものも少なくない。殿筋の障害が身体にどんな影響を及ぼすのかを解説する。さらに、障害を修正するテクニック、回復を促すエクササイズも紹介する。

目次

身体各部とつながる大殿筋
筋不均衡と筋膜スリング
殿筋と歩行周期
脚長差と過外反―殿筋による影響
大殿筋の機能解剖学
中殿筋の機能解剖学
マッスルエナジーテクニック
原因としての拮抗筋―腸腰筋、大腿直筋、内転筋群の重要性
膝や足首の痛みを引き起こす大殿筋や中殿筋の問題
腰痛や引き起こす大殿筋や中殿筋の問題
殿筋群の抑制効果による筋力低下の鑑別
大殿筋と中殿筋の安定性向上エクササイズ

著者紹介

Gibbons,John (GIBBONS,JOHN)  
登録オステオパシー医、Bodymaster Method講師。オクスフォード大学のスポーツ・チームで、スポーツ外傷の評価、治療、リハビリテーションを専門とする。また、イギリスをはじめとした各国で有資格者向けの教育を行っている
木場 克己 (コバ カツミ)  
1965年、鹿児島県生まれ。鍼灸師、柔道整復師、柔道整復師教員、日体協アスレティックトレーナー。KOBAスポーツエンターテイメント(株)代表、TTC代表理事、KOBA式体幹バランス協会代表。医療系専門学校の講師などを務める傍らサッカー長友佑都選手、競泳池江璃花子選手らのパーソナルトレーナーなど自治体、民間、個人を問わず多数のトレーナー、アドバイザーを務める。2016年からはガンバ大阪ユースや日本郵政グループ女子陸上のトレーニングコンディショニングアドバイザーも務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)