• 本

天国は現実、しかし地獄も現実 来たるべきことについての目撃者の証言

出版社名 創英社/三省堂書店
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-88142-611-1
4-88142-611-7
税込価格 2,160円
頁数・縦 342,5P 図版9枚 19cm

商品内容

要旨

『天国は現実、しかし地獄も現実』は、ヴァスーラの驚くべき遍歴の物語。1985年11月のある日、それは始まった。以来、ヴァスーラは世界に真実を告げるという神が与えた使命へと進み出すことになる。ヴァスーラと神との対話は、全人類が善なる生き方に立ち帰るようにとの明確なメッセージをもたらす。それは私たちの世界に対して、時宜にかなった決定的に重要な意味を持つメッセージをもたらし、これまでに読んだことがないほどに刺激的な本の一つとなるだろう。この本は彼女の驚くべき遭遇の物語であり、この遭遇が私たち全員にとって何を意味するのかという物語である。それは神の愛と義、そして来たるべき出来事を垣間見せる。この本は強力な希望のメッセージであり、道に迷ってしまった人々、未だに生き方を探し求めている人々を眠りから目覚めさせるだろう。ヴァスーラ・リデンはギリシャ人の家族に産まれ、エジプトとスイスで育った。その後スウェーデン人男性と結婚し、夫の国際支援の仕事のために、20年以上に渡ってアジアやアフリカで海外赴任生活を送った。その人生は娯楽とテニス、絵を描くことに費やされ、ストレスの無い快適な生活を送っていた。1985年11月、このすべては劇的に変わる。神に仕えるために人生を捧げるようにと呼びかけた守護の天使の突然の出現によって、彼女の生活は正反対のものとなった。

目次

予感
接触
闇夜
天使か悪魔か?
霊的な世界
対立
使命

超自然
ヴェールを上げる
ヴィジョンとしるし
主の日
霊的な戦い
予言
奇跡
狭い道
時の終わり

著者紹介

リデン,ヴァスーラ (リデン,ヴァスーラ)   Ryd´en,Vassula
1942年生まれ。夫と二人の息子をもつギリシャ人。普通の主婦でありながら「現代の最も偉大な神秘家の一人」として広く知られる。才能のある画家として、またテニスプレーヤーとして世俗的生活を謳歌していた1985年のある日、突然守護の天使の出現を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)