• 本

不滅療法 ウィルコ・ジョンソン自伝

Guitar magazine

出版社名 リットーミュージック
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-8456-2990-9
4-8456-2990-9
税込価格 2,530円
頁数・縦 365P 20cm

商品内容

要旨

父からの虐待、メンバー間の軋轢、最愛の妻との別れ、突然の余命宣告…“奇跡のギタリスト”が波瀾万丈の半生を綴る。

目次

キャンヴェイ島の大洪水
テレキャスターとアイリーン
ニューカッスル大学
インド、カトマンズへの旅
ドクター・フィールグッド結成
赤と黒のシャツ
社会派としての顔
“ウィルコ・ジョンソン”の誕生
代表曲「She Does It Right」、「Roxette」
パブ・ロック・シーンを席巻〔ほか〕

著者紹介

ジョンソン,ウィルコ (ジョンソン,ウィルコ)   Johnson,Wilko
1947年7月12日、英国キャンヴェイ島出身。71年にドクター・フィールグッドを結成。『殺人病棟』(76年)がヒットするも、翌年にバンドを脱退。以後、自身のバンドを軸足としながら、イアン・デューリーやロジャー・ダルトリーなどとも交流。2012年に末期癌の宣告を受けるが、奇跡的に回復した。大の親日家としても知られる
石川 千晶 (イシカワ チアキ)  
プロモーター時代に忌野清志郎with Booker T.&The MG’sのコーディネーターを務める。MSI盤を中心に対訳多数。一時ヴィヴィドにも所属。併行して92年よりギター・マガジン誌の翻訳に着手、過去にはローリング・ストーンズやスティーヴィー・レイ・ヴォーンの別冊ムックも担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)