• 本

世界宗教の経済倫理 比較宗教社会学の試み序論・中間考察

NIKKEI BP CLASSICS

出版社名 日経BP社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-8222-5500-8
4-8222-5500-X
税込価格 1,944円
頁数・縦 217P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

儒教、ヒンドゥー教、仏教、キリスト教、イスラーム教、ユダヤ教の経済倫理と担い手の社会層から歴史を動かす起動力を類型化したウェーバー宗教社会学の真髄。

目次

序論
中間考察―宗教的な現世拒否の段階と方向についての理論(現世拒否の動機について、合理的な構築を試みる理由
禁欲と神秘主義の類型学
現世拒否の方向性
現世拒否の諸段階
弁神論の三つの合理的な形態)

おすすめコメント

訳者の中山元さんの解説から、一部抜粋した。ウェーバーの宗教社会学は、三部構成となっている。その目次を次に掲げてみよう。<第一巻> 序 『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』 『プロテスタンティズムの諸宗派と資本主義の精神』 世界宗教の経済倫理−比較宗教社会学試論 序論 第一部 儒教と道教 中間考察 <第二巻> 第二部 ヒンドゥー教と仏教 <第三巻> 第三部 古代ユダヤ教 この構成から明らかなように、ウェーバーの宗教社会学は大きく分けて、プロテスタントの倫理を考察する『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』および『プロテスタンティズムの諸宗派と資本主義の精神』の部分と、東洋と中東の宗教の倫理を問う『世界宗教の経済倫理』で構成されているということである。この『世界宗教の経済倫理』は具体的には、第一部で中国の儒教と道教を考察し、第二部でインドのヒンドゥー教と仏教を考察し、第三部ではユダヤの古代ユダヤ教を考察するものとなっている。そしてウェーバーはこれらの三つの地域における宗教的な経済倫理は、プロテスタンティズムとどのように異なり、それが資本主義の成立や興隆の実現をどのようにして妨げたのかを、丹念に追跡していくのである。これらの三部の考察は大部な著作として残されているが、これらの個別研究とは別に、ウェーバーは宗教倫理と経済の関係について考察する総論に該当する文章を、『世界宗教の経済倫理』に含めている。それが冒頭の「序論」と中国の儒教と道教の考察が終わったところで執筆された「中間考察」である。「序論」には、これらの世界宗教の考察の方法論的な点検が行われるが、これは「中間考察」でも続けられており、これは中間的な考察であると言うよりも、序論の議論をさらに展開した文章となっている。

著者紹介

ウェーバー,マックス (ウェーバー,マックス)   Weber,Max
1864〜1920。ドイツを代表する社会科学の巨人。政治社会学、法社会学に加え、『古代社会経済史』や『ロッシャーとクニース』など、膨大な著作を残した
中山 元 (ナカヤマ ゲン)  
思想家・翻訳家。1949年生まれ。東京大学教養学部中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)