• 本

素数姫の素数入門

出版社名 洋泉社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-8003-1125-2
4-8003-1125-X
税込価格 1,728円
頁数・縦 143P 21cm

商品内容

要旨

神戸・三宮のとある居酒屋―妙齢の女性二人が、他愛のない話に花を咲かせています。いつも白衣の薬剤師、「まゆ」の高校時代は、漫画や小説よりも数学や理系の教科書を愛読していた典型的なリケジョ。貿易会社に勤める「とも」は、お金の計算は得意だけど、小学生の頃から算数が苦手。そんな2人が、居酒屋の片隅でほろ酔い素数トークを繰り広げます。

目次

素数とは夏の数である―素数ゼミ
素数とは純愛の数である―素数の条件 素因数分解の一意性
素数とは秘密の数である―暗号化通信 素因数分解
素数とは安全でもあり違法でもある数である―安全素数 ソフィー・ジェルマン素数 違法素数
素数とは渦巻きで探す数である―ウラムのらせん
素数とはExcelで見つけられる数である―素数判定 エラトステネスのふるい
素数とは無限に続く数である―ユークリッドの定理
素数とは家族の数である―双子素数 三つ子素数 セクシー素数
素数とは整数の素となる数である―ゴールドバッハの予想
素数とはみんなで見つける数である―巨大素数探査
素数とは完全数とともに愛すべき数である―メルセンヌ素数完全数
素数とはA〜Zで見つけられる数である―ゼータ関数 オイラー積
素数とは段階で見つける数である―素数階段 ガウスの素数定理
素数とは予想を当てる数である―リーマン予想
素数とは大富豪で見つける数である―素数大富豪 グロタンディーク素数
素数とは存在しないと不安な数である―素数砂漠