• 本

変化の昭和 随想集

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-344-91078-2
4-344-91078-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 111P 19cm

商品内容

要旨

昭和、それは激動の時代。終戦、そしてその後の高度経済成長―人々は何を思い、どう生きたのか。遠い日の記憶を呼び起こす、珠玉の11編。

目次

漁夫
カエルの子か…
ウド
大風吹くと…
農村の嫁
レンゲ畑の少女
きよねえちゃん
方言
ふるさとの今昔
無関心は破局への路
神々の確執

著者紹介

小野 連太郎 (オノ レンタロウ)  
1934年、山梨県生まれ。63年財団法人新生活運動協会に入り、鳩山内閣の進める戦後の混乱や荒廃した郷土再建のための住民の側からの活動に従事。94年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)