• 本

労働と雇用の経済学

出版社名 中央経済社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-502-21111-9
4-502-21111-7
税込価格 2,640円
頁数・縦 185P 21cm

商品内容

要旨

賃金の決まり方、労働時間、人を育てること、多様な働き方、高齢者、外国人労働etc.労働と雇用の現実の問題がわかる数式を最小限に抑え、経済学の知識がない人でもわかるよう解説した労働経済学の入門書。

目次

第1部 労働経済学の対象(経済学から見た労働という活動
就業構造とその変化)
第2部 供給と需要の理論モデル(労働供給理論の基本
条件の変化と労働供給 ほか)
第3部 労働市場の機能分析(労働市場の仕組み
失業の現状 ほか)
第4部 内部化理論と労働条件の決定(労働市場の内部化と人材育成
年齢別賃金の動向 ほか)
第5部 多様な人材の雇用問題(多様な就業形態
若年層の就業問題 ほか)

著者紹介

永野 仁 (ナガノ ヒトシ)  
明治大学政治経済学部教授。商学博士。1951年生まれ。慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学。雇用職業総合研究所(現:労働政策研究・研修機構)研究員などを経て、現職。2012年度〜2015年度に明治大学大学院政治経済学研究科長。専攻:労働経済学・人的資源管理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)