• 本

少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語

角川文庫 に27−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-04-105186-3
4-04-105186-X
税込価格 792円
頁数・縦 430P 15cm

商品内容

要旨

2浪の果てに中堅お坊ちゃん私大に入学した、十倉和成20歳。ある日、彼のボロ下宿の天袋からセーラー服姿の少女が這いおりてきた。少女・さちは5年前から天井裏を住処にしてきたという。九州男児的使命感に燃えた十倉はさちを庇護すべく動きだした。そしていつしか、自らの停滞の原因―高校時代の親友であり、映画に憑かれて死んだ男・才条の死の謎に迫っていく。映画と、少女と、青春と。熱狂と暴想が止まらない新ミステリー。

おすすめコメント

20歳にして中堅私大1年の十倉和成。下宿の天袋からセーラー服姿の絶滅危惧種的大和撫子・さちがはいおりてきた日から彼の停滞しきった生活は急転する! 映画と少女と青春と。熱狂と暴走の新型ミステリ!

著者紹介

一 肇 (ニノマエ ハジメ)  
テキスト型アドベンチャーゲームを主に開発するPCゲームメーカー「ニトロプラス」に所属する気鋭の物語クリエイター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)