• 本

心理療法の第一歩 こころの臨床ファンダメンタル

出版社名 創元社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-422-11623-5
4-422-11623-1
税込価格 2,530円
頁数・縦 261P 21cm

商品内容

要旨

癒されるのはクライエント?それともセラピスト?理不尽に出会うことは自分を超えるチャンス!こころと魂の「揺らぎ」を見つめて…いまふたたび心理臨床学のLegendをまなぶ。

目次

第1部 臨床心理学(臨床心理学とは
臨床心理学の方法
心理療法家の生き方
臨床心理学の周辺)
第2部 心理療法(心理療法の実際―諸領域での事例
伝説の心理療法
心理療法面接の世界
身体と夢・イメージ
資格)

おすすめコメント

現代社会における“こころのケア”にあたっては、新しい心理職の働きかたも視野に、さまざまな方向から模索が重ねられるものと考えられる。とくに実証性や汎用性の方向での模索はこれからも益々増えていくだろう。そのようななか、けっして忘れてられてはならないのが、実証・汎用とは別次元の“人間まるごと”の、云うならば“たましいの癒し”に価値をおいた心理援助であり、それを一身に担うのが、他ならぬ河合隼雄先生の血脈を継ぐ臨床心理学である。今こそ次代へ引き継がねばならない河合隼雄“臨床学”の真骨頂を、総合的にまとめあげ、全体像としてテキスト化した。

著者紹介

中島 登代子 (ナカジマ トヨコ)  
常葉大学大学院健康科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)