• 本

おあとがよろしいようで

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-16-390608-9
4-16-390608-8
税込価格 1,155円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

食べるのが好きで死ぬのが怖い。だから死が怖くなくなる食べものを知りたい。そんな漫画家が今をときめく人気作家15人に聞きにいく。死ぬ前に、なに食べたい?

目次

綿矢りささんの場合 豆腐
戌井昭人さんの場合 鉄火巻き
山崎ナオコーラさんの場合 「神田まつや」鍋焼きうどん
津村記久子さんの場合 「ない泉」ロースかつ膳
円城塔さんの場合 極道すきやき
西加奈子さんの場合 豆腐
平山夢明さんの場合 ちくわぶ
桜庭一樹さんの場合 白米
朝井リョウさんの場合 「洋麺屋五右衛門」スパゲッティー
辛酸なめ子さんの場合 いかめし
村田沙耶子さん&加藤千恵さんの場合 ジビエ&アイスクリーム
朝吹真理子さんの場合 点心
春日太一さんの場合 「鮨源」本店の寿司
島田雅彦さんの場合 「埼玉屋」モツ焼き

おすすめコメント

仕事の合間の自炊料理マンガを描くくらい、食べることも飲むことも好きな著者。そんな漫画家が、何よりも怖いものといえば、誰にでもいつかは訪れて、そのかたちも千差万別な「死」。想像力豊かな作家さんに「最後の晩餐」について訊ねることで怖さをやわらげようと、いまをときめく人気作家15人のもとへ。様々な死に方とこだわりのご飯、そして作家の「書く」ということへの姿勢が見えてくるコミックエッセイ!はたして著者の恐怖は克服できるのか。伺ったのは綿矢りささん、戌井昭人さん、山崎ナオコーラさん 、津村記久子さん、円城塔さん、西加奈子さん、平山夢明さん、桜庭一樹さん、朝井リョウさん、辛酸なめ子さん、村田沙耶香さん&加藤千恵さん、朝吹真理子さん、春日太一さん、島田雅彦さん。

著者紹介

オカヤ イヅミ (オカヤ イズミ)  
1978年東京都生まれ。漫画家&イラストレーターとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)