• 本

紙片は告発する

創元推理文庫 Mテ7−9

出版社名 東京創元社
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-488-24011-0
4-488-24011-9
税込価格 1,188円
頁数・縦 350P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

周囲から軽んじられているタイピストのルースは、職場で拾った奇妙な紙片のことを警察に話すつもりだと、町政庁舎の同僚たちに漏らしてしまう。その夜、彼女は何者かに殺害された…!現在の町は、町長選出をめぐって揺れており、少なからぬ数の人間が秘密をかかえている。発覚を恐れ、口を封じたのは誰か?地方都市で起きた殺人事件とその謎解き、著者真骨頂の犯人当て!

おすすめコメント

議員の娘だが周囲から軽んじられるタイピストのルース・エルダーは、職場で拾った奇妙なメモのことを警察に話すと同僚たちに吹聴した。その後副書記長ら、タウンホールの上級職員から紙片について問い質され、彼女は怯え始める。町では開発計画にまつわる不正入札の疑いが持ち上がっており、彼女の証言が重要な役割を果たすと思われた。その矢先、ついに犯人は実力行使に及び……連続する事件の背後に隠れる意外な人物の正体とは?

著者紹介

ディヴァイン,D.M. (ディヴァイン,D.M.)   Devine,David McDonald
1920年スコットランド生まれ。大学職員時代、英国有数のミステリ出版社コリンズ社の探偵小説コンクールに投じた『兄の殺人者』がアガサ・クリスティから高く評価され、執筆活動に入る。死後出版の『ウォリス家の殺人』を含め、その生涯で13作の推理小説を発表した。1980年没
中村 有希 (ナカムラ ユキ)  
英米文学翻訳家。1968年生まれ。1990年東京外国語大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)