• 本

マクロ経済学

第4版

現代経済学入門

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-00-026656-7
4-00-026656-X
税込価格 3,080円
頁数・縦 283P 21cm
シリーズ名 マクロ経済学

商品内容

要旨

経済学の基礎であるマクロ経済学を、ケインズ経済学を中心に新古典派経済学の理論もあわせて学ぶ。マクロ経済学を理解するために必要な、基本的な概念と用語、基礎的な理論、関連した統計を丁寧に説明し、急速に変化する現実経済を読み解く力を身につけることを目標とする、初学者のためのテキスト。

目次

第1章 国民所得統計―マクロ経済の鳥瞰図
第2章 GDPの決定
第3章 資産市場
第4章 IS/LMモデル
第5章 オープン・エコノミーのマクロ経済学
第6章 失業とインフレーション/デフレーション
第7章 新古典派マクロ経済学
第8章 消費・貯蓄と投資
第9章 景気循環
第10章 経済成長

おすすめコメント

ケインズ経済学を中心に経済学の基礎を説明。現実経済の実態を読み解く力を身につける入門書(本文2色刷)。

著者紹介

吉川 洋 (ヨシカワ ヒロシ)  
1951年生まれ。74年東京大学経済学部卒業後、イェール大学大学院でPh.D.取得。ニューヨーク州立大学、大阪大学、東京大学を経て、立正大学経済学部教授、東京大学名誉教授。内閣府経済財政諮問会議民間議員(2001‐06年、2008‐09年)、社会保障国民会議座長(2008年)、財務省財政制度等審議会会長(2010‐17年)。専攻はマクロ経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)