• 本

開発援助アジェンダの政治化 先進国・途上国関係の転換か?

シリーズ転換期の国際政治 3

出版社名 晃洋書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7710-2794-7
4-7710-2794-3
税込価格 4,104円
頁数・縦 308P 22cm

商品内容

要旨

国際政治からみる「豊かな国」と「貧しい国」。変化する関係と援助。冷戦終焉から今日までの間に、先進国・途上国の関係はどのような変化を遂げたのか?世界の中心的課題に対して、経済を超えて、民主主義、ガバナンス、安全保障をも包含するようになり、「政治化」した開発援助アジェンダに焦点をあて、国際関係を紐解く新たな指針の1つを提示する。国際組織(OECD)研究と対外政策(フランス)研究にも貢献する1冊。

目次

第1部 冷戦後の世界を迎えて(冷戦後における先進諸国の国際政治認識と政策配置
途上国をめぐる国際環境の変化と開発援助
OECDと冷戦後世界―拡大と統合
フランスと冷戦後世界―対アフリカ関係の再編)
第2部 民主主義・ガバナンス―開発援助アジェンダの政治化(1)(民主主義・ガバナンスというアジェンダの登場
DACと民主主義・ガバナンス
フランスの開発援助と民主主義・ガバナンス)
第3部 紛争・安全保障―開発援助アジェンダの政治化(2)(紛争・安全保障というアジェンダの登場
DACと紛争・安全保障
フランスの開発援助と紛争・安全保障
21世紀初頭の先進国・途上国関係と途上国の主権)

著者紹介

増島 建 (マスジマ ケン)  
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程依願退学。現在、神戸大学大学院法学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)