• 本

ドームがたり

未来への記憶

出版社名 玉川大学出版部
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-472-05991-9
4-472-05991-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 1冊(ページ付なし) 31cm

商品内容

文学賞情報

2018年 第23回 日本絵本賞 日本絵本賞受賞

要旨

はたして、これほど名前をかえられた建物が世界に、ほかにあるのだろうか?原爆ドームのそばに立つと、とおいものもちっちゃいものも、みんな見えてくる。きょうは、日がくれるころまでずっとかれのものがたりに、耳をすまそう。

おすすめコメント

「どうも、はじめまして。ぼくの名前は「ドーム」。あいにきてくれて、ありがとう」──1915年にできた「広島物産陳列館」は、100年以上も広島を、世界を見てきた。ドームとは何なのか、何を語りかけているのか。原爆ドームの声を聴け! アーサー・ビナードによるドームの語りと、スズキコージの絵が、未来へ記憶をつなぐ。

著者紹介

ビナード,アーサー (ビナード,アーサー)   Binard,Arthur
1967年、米国ミシガン州生まれ。コルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩人、翻訳家として幅広く活躍。『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、『左右の安全』(集英社)で山本健吉文学賞、『さがしています』(童心社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞
スズキ コージ (スズキ コージ)  
1948年、静岡県生まれ。絵本や画集、舞台美術、壁画、ライブペインティングと多方面に才能を発揮する。『エンソくんきしゃにのる』(福音館書店)で小学館絵画賞、『ガラスめだまときんのつののやぎ』(福音館書店)と『やまのディスコ』(架空社)で絵本にっぽん賞、『おばけドライブ』(ビリケン出版)で講談社出版文化賞絵本賞、『ブラッキンダー』(イーストプレス)で日本絵本賞大賞、『旅ねずみ』(金の星社)で赤い鳥さし絵賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)